HOME » 快適な住まいづくりのために知っておきたい住宅の種類 » パッシブハウス

パッシブハウス

ここでは、ドイツ発祥の省エネ住宅、パッシブハウスについて説明しています。

冷暖房機器いらずの超省エネ住宅・パッシブハウス

地球環境との調和が求められる中、デザイン住宅のありかたのひとつとして「パッシブハウス」が提案されています。パッシブハウスとは、1991年にドイツのパッシブハウス研究所によって確立された省エネ住宅スタンダードをクリアし、各国の法規によって定められた省エネ基準よりもはるかに上を行く省エネ性能をもつ住宅のことです。

建物の省エネ性能を上げることができたなら、「高性能の熱交換器による空調設備さえあれば、アクティブな冷暖房器具が不要」という意味合いから「パッシブ(受身の)」という名前がつけられました。パッシブハウスの認定を受けるには、断熱材、換気装置、開口部、窓、デザイン、エネルギー消費などについて細かく定められた数値・ルールをクリアする必要があります。

パッシブハウスで実現できる住環境とは

冷暖房機器いらずの超省エネ住宅・パッシブハウスとはこれは、現在の私たちの想像を超えるものです。冬の時期に関して言えば「暖房しなくても家の中全体が20度に近い状態が保てる」という感じといわれています。

現在、パッシブハウスの普及はドイツや北欧が中心ですが、国内でもわが国の気候、風土にあった「日本向けパッシブハウス」を考える取り組みが進行中です。すでに実際の建物としても、パッシブハウスを名乗る建物が次々に登場。たとえば、壁面に30cmの断熱材と3重ガラスを使った介護施設などがあります。ここでは気温が-15℃にも下がる地域にも関わらず、暖房に頼ることなく適切な室温を維持できるそうです。

今後は個人の住宅、デザイン住宅でも省エネルギーは重要な性能となっていくと思われます。地球環境への配慮はもちろん、エネルギーコストの節約という意味でも、みなさんのデザイン住宅づくりに、省エネ性能という視点を盛り込んではいかがでしょう。