HOME » 快適な住まいづくりのために知っておきたい住宅の種類 » スマートハウス

スマートハウス

ここでは、ITを活用した省エネ住宅、スマートハウスについて説明しています。

スマートハウスという賢い住宅

スマートハウスという賢い住宅デザイン住宅において注目されるキーワードのひとつにスマートハウスがあります。スマートハウスとは、IT(情報技術)を活用して住宅の消費エネルギーを制御し、エネルギーの自給自足を支援してくれる住宅です。

スマートハウスの中枢を担うHEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)が、家電、太陽光発電、給湯、蓄電池、電気自動車などのエネルギー機器をネットワーク化し、エネルギーの供給や使用の状況を一元管理。すると、住む人は、リモコンやコントローラー、携帯電話(スマートフォン)で、消費電力や運転状況などをチェックしたり、外出先から遠隔操作で各家電や住宅設備をコントロールしたりできるようになりになります。

地球温暖化、原発問題などエネルギーへの関心が高まるなかで、デザイン住宅をつくるにあたり将来のスマートハウスを意識した家のつくりや導入する設備を検討してみる価値は大いにあると思います。スマートハウスを構成する主な機器・システムには次のようなものがあります。

エネルギーを作る機器・システム

■太陽光発電システム…屋根にソーラーパネルを設置し、太陽光で発電。余った電気は電力会社に買い取って貰うことが可能です。

■エネファーム(家庭用燃料電池コージェネレーションシステム)…都市ガスやLPガスなど使い、電気とお湯を同時に作るシステムです。発電する時に発生する排熱を利用して給湯を行います。

エネルギーを貯める機器・システム

■家庭用蓄電池…住宅向けの蓄電池は、鉛蓄電池とリチウムイオン電池の2種類。鉛蓄電池は安価ですが、機器が大型になるため、小型化が可能なリチウムイオン電池が主流になると見込まれています。

■EV(電気自動車)…電気自動車は、走行しない間は蓄電池として利用することが可能。災害時などにはスマートハウスに電気を供給する存在と位置づけられています。