HOME » 失敗しないデザイン住宅づくりのポイント » 素材へのこだわり

素材へのこだわり

ここでは、自然素材でデザイン住宅をつくるメリットについてまとめています。

デザイン住宅ならではの自然素材の活用

デザイン住宅ならではの自然素材の活用デザイン住宅でデザインされるのは外観だけではありません。住む人にとっての暮らしやすさのデザインも重要。家の暮らし心地に大きく影響をおよぼすのは、骨組みや内装(床、天井など)といった素材です。

日本での家づくりの素材といえば、主役は木になります。しかし、同じ木でも会社によって、さまざまな面で質の違いがありますので注意する必要があります。高品質な国産材を調達し、確かな生産体制のもとで加工された材木を使用している会社を選ばなくてはなりません。素材にこだわる本当に信頼のおける会社では、どのような工程で乾燥、カッティングされたかわからない材木を国外から仕入れる、ということはしません。

木材産地とも連携しながら、乾燥、製材などすべて自社の管理下で行い責任の持てる素材で家をつくります。また構造材だけでなく、内装材にも、ミズナラ、栓の木、ヒノキ、杉、松といった天然木を用いて、品格にあふれた空間をつくりだしてくれます。

日本の木の家は、長い歴史のなかで、生活の知恵が積み重なってできたものです。雨が多くて蒸し暑い気候とうまく付き合うことができる「木の吸湿放湿性や断熱性を活かした家」「軒のある風通しの良い木の家」は、日本人の知恵が長い歴史のなかで育んできたものです。

せっかくデザイン住宅をつくるのであれば、質の高い素材を使い、木の良さを存分にいかした家づくりを検討するべきでしょう。